少し足を伸ばして那智までお出掛け。


冷たく澄んだ空気。


遠くに見えるお山も近くに感じる不思議な距離感の中のドライブ。


桜や梅の蕾もぷっくり膨らんで樹全体がほんのり薄紅色にお化粧してる。冬のお山の中で小さな春を見つけました。



熊野三山の3社1寺。
熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社、那智山青岸渡寺へお詣りさせて頂きました。


山、滝、川、海などの神様をお祀りしている自然信仰の神社とお寺だそうです。

昔から自然の声に耳をすませ寄り添い、敬うことが特別なことではなくて日々の暮らしの中に根付いていたのだろうなぁ。

祈る姿は美しいですね。


わたしたちを迎えてくれた樹齢約800年の杉や楠の樹。
image


樹々や大地はずっとここに在て、わたしたち人間の行いも世の変化も全て知ってる存在。

自然の前では全てを見通しの様な気がして心が丸裸にすっぽんぽんな気持ちになるのだけど、なんだか心地よくて温かいのですよ。すっぽんぽんってね。(昭和の香り満載ですね)笑


桜の季節にまた熊野詣でへ行きたいです。



おまけ

那智大社でね日本一大きいおみくじひいてきました。
これね結構重いのですよ。

image


縁談でねちょっと気になる内容のことも書かれていたりで…。思わず相方さんと顔見合わせて笑っちゃった。うふふふ。


わたしの旅の無事と安全を祈り帰りを待ってくれてる人がいる。本当に有難いたいと感じています。

よく笑い、よく学び、元気に帰ってくるね。

ありがとう。