blogを書くときいつもは少し時間を置いてたっぷり味わってから、自分の内から出てくる想いを言葉に載せてつらつらと綴っているのだけど、今日は今のこの想いをどうしても記しておきたくてPCを開きました。
image


今日タイ古式マッサージを施術しているとき、いつもの様に受けて下さっている方の呼吸の早さや深さに合わせて手を身体を動かしていると、わたしの手や身体を通して感じていることがそっと伝わったのか、触れたときに気になったところや、元気がないなぁて感じたところへ呼吸を巡らせて内側からご自身の身体をケアしてくれている事に気が付きました。

マッサージを受けて下さった方々から、心身から色々なものが取れて軽くなったとか、有難いことに朗らかな笑顔で沢山のお言葉を頂くけれど、わたし1人の力では何にも出来なくて、みんなの身体や心が軽くなっているのは、みんながご自身の身体の声に気付いて元々持っている『自分を癒す力』を必要なところへ巡らせてくれたからなのだと想うのです。

そしてわたしはその行いがスムーズに行われるように、そっと手を置いてちょっぴりお手伝いさせてもらってる幸せものなのです。

きっとマッサージでわたしが出来ることは、受けて下さっている方に手や身体を通してご自身の身体の様子を真っ直ぐにお伝えして気付いてもらうこと、そしてみんなが持っている『自分の心身を癒す力』を最大限に引き出させるように心身の巡りを整えるお手伝いをすることなのだな。

すべてが満ちる満月の夜。
厚い雲に覆われてまんまるお月様は見えないけれど、その輝きは真っ直ぐにわたしの歩む道を照らしてくれました。

ありがとうございます。