アーユルヴェーダの先生から教わったギー作り。お家に帰ってすぐ実践。
image

綺麗な黄金色に出来たから成功かな。

自分でやってみないと分からないこともあるから、なんでも実践して体験してみるの好きなんです。そうです、好奇心の塊なのです。笑

アーユルヴェーダでは食べる以外にもマッサージに使われたり、お薬として使われたり何かと万能なギー。神聖なオイルとも言われています。

ギーの作り方はとってもシンプル。無塩バターを火にかけて焦がさないように気をつけながら溶かします。バターが綺麗な透き通った黄金色になるまで煮詰めたら完成。バターから水分とたんぱく質を取り除いて純粋なオイルになるそうな。

香りがとっても良いのだよ〜。
バターが苦手な母も美味しいって、ギー入りのおやつやおかずをぱくぱく食べていました。

お料理にも、もちろんおやつ作りにも日頃使っているオイルの変わりにちょ〜んと入れるだけなので美味しくて簡単に取り入れられるのも嬉しいです。

お家で作って家族に好評だったおかずはヤーコンや大根葉をギーで炒めてお醤油で味付けしたのもや、カレーやホワイトソースの隠し味に入れたり、かぼちゃやお芋のポタージュスープに入れたのもなどなど、みんな美味しく食べてくれました。

おやつ作りにもぴったりで、タルト生地に入れてみたり、クッキーやケーキにしたり、ほんのり甘いお味に仕上がって美味しかったですよ。

ギーを使ったおやつを少しご紹介させて下さいね。

インドのおやつカジュ・カティル。
image

作り方はクックパッド先生にのせて頂いていたレシピを参考にさせて頂きました。カルダモンの香りがとっても爽やかで美味しいです。

さつまいもとマカダミアのタルト。
image

タルトの生地にもギーを入れて、さつまいもを蒸してつぶしたものにギーとマカダミアナッツとレーズンを入れてみました。がっつり重いタルトなのでご飯の変わりにもなります。

身体や心にたくさんの効能をもたらしてくれるギー。

自分の身体や心の様子と相談しながら毎日のお食事からケア出来るようになったらいいな。