おはようございます。

1年の中で1番夜の長い日。

お布団の中にいてもなんだか落ち着かなくて、もぞもぞ起きだして3時半過ぎから発酵中のぱん種のお世話をしたり、おやつの下ごしらえをしたり、朝ご飯の用意をしたり、みんなを起こさないようにひっそりとお台所仕事。

ぴ〜んと冷たいお部屋の中いっぱいに広がるほんのり甘い香りが空気を柔らかくしてくれます。
image

(今朝のご飯、バターナッツ南瓜のスープ)

窓の外のお空が明るくなってきたからぽっかぽかの生姜湯を持って大好きな朝陽を浴びに近くの浜辺までお出掛け。
IMG_2617

冬の朝陽はなにゆえ柔らかな輝きに感じるのだろうね。

今、この瞬間に何人の人が同じ朝陽を見て穏やかに微笑み、同じ大地の上に力強く立っているのかな。

近くにいるようで遠くて、遠くにいるようで近いこの距離を繋いでくれているように想います。

極陰が極まって光に転ずる日。

今日も1日柔らかな心で過ごせますように。

みなさんもお一人お一人にとって素敵な日をお過ごし下さいね。